ベビーシッターのやる気まんまんブログ


by m188gpwyu8
 宮崎県の口蹄疫被害拡大を受け、菅直人首相は12日午前、宮崎県入りし、「日本の農業にとって国家的な危機だ」と述べ、感染拡大阻止に最優先で取り組む考えを強調、畜産農家の経営再建にも全力を挙げる考えを表明した。

 首相は12日朝、航空自衛隊機「U−4」で宮崎入りし、県庁で東国原英夫知事らと会談。「宮崎県の口蹄疫をどこで終わらせるかが日本の農業を占う。まずは感染拡大を止めることが何より重要だ。終息した後には(畜産業の)再建に向け、必要なことはすべてやる」と明言した。

 東国原知事は、宮崎県の全家畜のほぼ4分の1が殺処分される現状を説明し、(1)防疫対策・感染ルート解明(2)口蹄疫対策費の国費措置(3)畜産など産業復興支援−などを求めた。

 これに先立ち首相は宮崎市内の農家を視察、「皆さんには苦しい思いをさせるが、今は感染拡大をいかに抑えるかに全力を挙げたい。その上で責任を持ってきちんと再建ができるよう手当てする」と述べた。

 首相の宮崎入りには「今行けば選挙目当てと言われかねない」(政府高官)など慎重論があったが、首相が振り切って決行した。首相は現地入りした各省庁のスタッフの激励にも訪れ、小川勝也首相補佐官の肩を叩き、「一種の国家危機なので精一杯頑張ってほしい。『ちょっとどっかに行こう』とこの人を引っ張り出してもなんとかしておきます」と語った。

【関連記事】
口蹄疫 県境6カ所の封鎖開始 鹿児島県曽於市
菅首相×東国原知事 口蹄疫支援「必要なことすべてやる」
口蹄疫 畜産がこの街の大動脈
口蹄疫 苦悩の農家「収入なくなるかも」
口蹄疫と二重の被害 宮城県の農場で窃盗
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

全精社協元副会長に懲役1年6月求刑(産経新聞)
<河村市長>「増税せんで」菅内閣に注文(毎日新聞)
嘉手納高野球部員が酒盛り、1人はバイク運転も(読売新聞)
民主副幹事長、小沢氏側近の青木愛氏ら退任(読売新聞)
<はやぶさ>「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室(毎日新聞)
[PR]
# by m188gpwyu8 | 2010-06-15 21:49
 □御所坊社長・金井啓修さん

 ■頭痛のタネはケータイとネット 周辺都市と連携して人を呼びたい。

 「関西の奥座敷」として全国屈指の歴史と知名度を誇る有馬温泉。しかし、レジャーの多様化や格安の海外旅行ツアーなどに押され、「奥座敷」としてじっと構えているわけにもいかなくなってきた。周辺都市との連携、顔となる風景の創出、新たなビジネスの確立…。温泉街活性化に向けて東奔西走する御所坊社長の金井啓修さんが描く“有馬を売る方法”とは。(聞き手 佐久間史信)

 −−最近の温泉街はいかがですか

 金井 一昨年秋のリーマン・ショック以降、宿泊客は厳しい状況です。いつも15年前の阪神大震災のときと比べるんですが、あのときは格安航空券なんてなかった。いまやヘタをすると、2泊3日の海外旅行のほうが有馬温泉の1泊より安いんですよ(笑い)。それと携帯電話やインターネットも今のように普及していませんでした。実は今、我々の頭痛のタネが、このケータイとインターネットなんです。

 −−それはまたどうしてですか

 金井 確かにネットによる予約は増えてきましたよ。でも、ネットだとどこが高くて、どこが安いか、一発で分かる。そうすると、旅館のほうはチキンレースみたいになってしまうわけです。それに、ボクだったら、パンフレットなんかを見て(ここが良さそうだな…)とカンで決めることがあるんですが、いまはそうではない。

 −−というと

 金井 すべて“画面”が基準になるんです。旅館のホームページを見ますね。その結果、どうなるか。その画面と実際に来てみての印象を比較するんです。トラベルはトラブルでもあるんです。行ってみて初めて分かること、驚き、思わぬ経験…そういった旅のアクシデントを楽しむということがなくなってしまった。“確認の旅行”になってしまったんです。最近の旅はそんな感じになってしまいましたね。

 −−なるほど。なんか寂しいですね。ところで、温泉街の活性化に向けていろいろ取り組んでいらっしゃるそうですが

 金井 これから有馬温泉をどういう方向で売っていこうかということで、いま、5つのコンセプトで活動を進めています。1つ目が周辺都市との連携です。有馬温泉は京阪神からのお客さんが非常に多い。より遠方のお客さんを呼ぼうとすると、有馬は宝塚のすぐそばだとか、甲子園球場に近いとか、北に行ったら篠山の立杭(たちくい)焼きがあるとか、そんなふうに全国的にも知られる周辺の地域と一体となって考えないといけない。「有馬」といったって、きちんと場所が分からない人も少なくない。

 −−いっしょになって売ることが必要と

 金井 いま、篠山、三田、宝塚、西宮、夙川、岡本の6つの地域といっしょに事業をやろうと考えています。たとえば、篠山では地域おこしに「ふるさとポイント」のプロジェクトを実施しています。宝塚はGPS機能のついたケータイを使って、いろんな情報を地図上に載せるシステムを持っています。こうしたそれぞれの知恵を集めて活用する。そして各地のイベントもリンクさせるとか、地域が一体となって人を呼ぶスキームをつくっていきたいと考えています。

                   ◇

【プロフィル】金井啓修

 かない・ひろのぶ 昭和48年、三田学園高校卒。鎌倉時代の創業とされ、有馬温泉きっての歴史を有する旅館「陶泉 御所坊」社長に56年に就任。引き継ぎは15代目になるという。時代をにらんだ新しい旅館をオープンする一方、有馬温泉観光協会の企画担当役員として、温泉街に観光客を呼ぶ仕掛けづくりに意欲的に取り組んでいる。55歳。兵庫県出身。

<普天間移設>鳩山首相、知事会に一部訓練の受け入れ要請(毎日新聞)
戻ってきた、二番底の恐怖(Business Media 誠)
電動自転車ユーザー拡大 バラエティー豊かに(産経新聞)
院生1423人分の情報紛失 関西大、教授がUSBごと(産経新聞)
バックで400m逆走、トラックに衝突し死亡(読売新聞)
[PR]
# by m188gpwyu8 | 2010-06-04 15:43
 全国チェーンの飲食店「日本海庄や」に勤務していた吹上元康さん=当時(24)=が過労で死亡したのは、過重な労働を強いた企業の安全配慮義務違反として、両親が同店を経営する「大庄」(東京)と同社の社長らに慰謝料など約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、京都地裁であった。大島眞一裁判長は「労働時間について配慮していたものとは全く認められない」として原告側の主張を認め、同社などに約7800万円の支払いを命じた。

 判決理由で、大島裁判長は元康さんの勤務先が1カ月300時間を超える長時間労働が常態化されていたことをあげ「企業は元康さんの生命や健康に配慮すべき義務を負っていたにもかかわらず、休憩や休日を取らせておらず何ら対策を取っていなかった」と指摘。「月80時間」の時間外労働をしなければ給与が差し引かれる当時の同社の給与体系についても「労働時間が長くならないように適切な措置を取る体制をとっていたといえない」と述べた。

 判決などによると、元康さんは平成19年4月に入社。「日本海庄や」石山駅店(大津市)に配属されたが、同年8月11日未明、自宅で就寝中に急性心不全で死亡した。死亡までの約4カ月間の時間外労働は、月約100時間前後と過労死の認定基準(月80時間超)を上回っており、大津労働基準監督署に労災認定された。

 判決後の会見で、元康さんの父、了(さとる)さん(61)は「判決には満足しているが、子供を返してほしいというのが本音。判決は、過労死に苦しむ他の方々の励みになる」と話した。判決を受けて、同社広報室は「判決文を見た上で、十分に検討したい」としている。

【関連記事】
中国人研究員の過労死訴訟が和解 大阪地裁
「日に日にやせて」外食店長の苦しみ 労災を逆転認定
「名ばかり」店長の過労死でグルメ杵屋に賠償命令
佐川急便派遣社員を「過労自殺」と認定 厚労省審査会、労基署判断覆す
過労死・過労自殺に歯止め 大阪の弁護団が過重労働基本法案を提言へ
虐待が子供に与える「傷」とは?

<口蹄疫>家畜の埋却用地を宮崎県農業振興公社が買い取り(毎日新聞)
沖縄で福島氏「辺野古、閣議で署名しない」(読売新聞)
元矢板署長を飲酒運転で逮捕 栃木「実家に行く途中だった」(産経新聞)
<皇室>皇太子さまスウェーデン訪問へ 雅子さまは同行せず(毎日新聞)
証人「忌まわしい記憶、傷口に塩」 加藤被告弁護側の戦術を痛烈に批判(産経新聞)
[PR]
# by m188gpwyu8 | 2010-05-28 00:22
 前原誠司国土交通相は16日、福井県小浜市文化会館で開かれた「民主党政経フォーラムin若狭」に出席し講演した。このなかで、北陸新幹線の福井県内延伸については在来線との共存の課題を解決することが前提などとした。また党の政策については「少子高齢化社会や財源問題、年金保障が大きな閉塞(へいそく)感になっている」と指摘した上で、日本の将来を描くために必要な「子ども手当」や、「コンクリートから人へ」という重点予算配分を詳しく説明、理解を求めた。

[フォト]仙谷、前原両氏が小沢氏の政倫審公開求める

 北陸新幹線の福井県内延伸などに関して、「やらないと言ったことはない」と述べた。その上で「東北新幹線では青森や岩手が並行在来線を維持できず、お手上げの状態」と例をあげ、県内延伸の決定については、「福井県民の総意は理解するが、並行在来線も必要で、どう持続するか。将来的な仕組みを慎重に検討している」と述べ、在来線との共存の課題を解決することが前提とした。

 観光立国の施策については、近く中国人旅行客のビザの発給条件を緩和するため、中国や台湾、香港の観光客が増える見込みとし、「風光明媚(めいび)で料理がおいしく、もてなしの心を持つ小浜市などが心の準備をしてほしい」と語った。

 前原国交相は、夏の参院選福井選挙区出馬する民主党の公認候補を応援するため訪れた。講演に先立ち松崎晃治・小浜市長や河瀬一治・敦賀市長ら嶺南の首長と面談、要望などを聴いたという。

【関連記事】
「子ども手当てなど国の責任で」 首都圏9都県市首脳会議
国から丸投げ、自治体「事実確認難しい」 子ども手当て、外国人殺到
「子ども手当すぐに使わない」が半数、博報堂調査 消費刺激は限定的
鳩山首相に告ぐ 国民の声「金銭感覚あきれた」
普天間問題決着の半年先送りを確認 関係閣僚会議
少子化を止めろ!

小沢氏、政倫審で弁明検討=政治資金問題(時事通信)
政倫審公開「どっちでもいい」=出席を明言―民主小沢氏(時事通信)
殺人 65歳の男女2人刺され死亡 京都・長岡京市の路上(毎日新聞)
法政大高元2教諭を書類送検…修学旅行で体罰(読売新聞)
<ドリームジャンボ>発売 名古屋駅前には100人が列(毎日新聞)
[PR]
# by m188gpwyu8 | 2010-05-19 09:58
 「あなたの死は無駄ではなかった」――。パロマ工業製の湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故で、同社元社長・小林敏宏被告(72)ら2人を有罪とした11日の東京地裁判決は、事故が起きる危険性を認識しながら対策を取らなかったとして、メーカートップらの過失責任を明確に認めた。

 事故で若い命を落とした息子の無念を晴らそうと公判の傍聴を重ねてきた母は判決後、「公正な判決に感謝したい」と涙を浮かべた。

 小林被告と、元品質管理部長・鎌塚渉被告(60)は午後1時半、同地裁の104号法廷に、ともに紺色のスーツ姿で入廷。無罪を主張してきただけに、半田靖史裁判長が有罪を宣告した瞬間、小林被告はぼう然としたような表情を浮かべた。

 「被告は使用者の安全を優先すべきだった」「遺族の悲しみは深く大きい」。判決理由が読み上げられる間、小林被告はハンカチで額の汗をぬぐったり、何度もまばたきしたりするなど落ち着かない様子だった。

 判決後、事故で亡くなった上嶋(じょうしま)浩幸さん(当時18歳)の母、幸子さん(56)らが東京・霞が関で記者会見。幸子さんは「あなたの死は無駄ではなかったと言いたい。母の日は過ぎたけど、(判決は)ヒロくんからの贈り物だと思う」と話した。幸子さんの前には、事故の約7か月前、大学に合格した直後の浩幸さんの写真が置かれていた。

 幸子さんは2008年12月の初公判からこの日まで計35回の公判を、体調不良で欠席した1回を除き、すべて傍聴してきた。法廷で書き取ったメモはA5判のノート6冊にもなる。

 昨年10月の公判で、小林被告が小さな声で「不正改造はガス会社がチェックすると思っていた」と証言するのを聞き、幸子さんは「メーカーのトップが、自分の製品の責任をほかになすりつけるのはおかしい」と怒りがこみ上げたという。

 幸子さんは会見で、「パロマの湯沸かし器がなかったらヒロくんは死なずに済んだと思うと悔しい」「被告には命の尊さを真剣に考えてほしい。18歳の浩幸を返してと言いたい」と訴えた。

 幸子さんら遺族がパロマ工業などを相手取った損害賠償訴訟で、遺族側の代理人を務める中村雅人弁護士は、「判決には、社会がより安全な方向に向かうようにというメッセージが込められている」と評価した。

 一方、判決を受け、パロマ工業は「引き続き製品の点検・回収作業に万全を尽くし、こうした事故が二度と起こらないよう、消費者の安全確保に全力を尽くすことがメーカーとしての社会的役割だと痛感している」とのコメントを発表した。

高速増殖炉「もんじゅ」 臨界到達(毎日新聞)
<普天間>社民党に「月内決着」先送り論 民主との関係模索(毎日新聞)
B型肝炎訴訟で首相ら、和解協議入り確認(読売新聞)
水上バイク2台転覆、2人死亡・1人心肺停止(読売新聞)
<国家公務員>新規採用 キャリア2割減 地方機関は8割減(毎日新聞)
[PR]
# by m188gpwyu8 | 2010-05-12 09:47